大屋慶太ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の幸せってなんだろうって考えた時に「これこそが自分の幸せだ!」ってハッキリ言える人は少ないと思う。

自分の幸せって何?目標って何?
って考えだした時に、結局「わからない!」って行き詰まってしまうんじゃないかな。
目標を設定すること事態大変だし、すげー覚悟いる。

基本的にはみんな幸せになって欲しい。少なくても自分に関わった人や目に入る範囲の人はみんな幸せでいて欲しい。

周り全てが丸く収まる幸せを究極に考えた結論が
『誰か(できれば大屋)が幸せになること』を自分の幸せとする。と定義づければいいじゃないか。
と超絶ブラックワンマン会社な答えに至ったけど、どうかな?

誰か(できれば大屋)が幸せそうにしてると、みんな幸せな気持ちになるとか無理かな。

一度きりの人生だもの、棒にふってみない?

とにかく目標がない人は、誰かの幸せを願えばいいんじゃないかと思った話。
スポンサーサイト
テーマ : 社長のブログ - ジャンル : ビジネス - タグ :

結果の出し方

おもしろい提案自体はいくつも出せるんだけど、結果が伴うことが少ないと感じていた。逆に成果をぼこぼこ上げている友人がいる。その友人と同じ問題解決をすると具体的な方法を策定して進められるところまでは同じなんだけど、実際の数字としての成果となると圧倒的にその友人の方が上がる。
なんでかなと思って素直に聞いたら、君が見てないところで倍以上試しててそのどれかが当たっているだけだよって嫌味なく言ってた。
そういう人を一言で「天才」とくくるには少しかわいそうだなと思った。
テーマ : 社長のブログ - ジャンル : ビジネス - タグ :
最適なデザインが、必ずしも超おしゃれでみんなが憧れちゃうようなものになるとは限らない。

「デザイナーにお願いしたのだから、超おしゃれでみんなが憧れちゃうようなもの」を作って欲しいという思いがクライアントにある場合はけっこうある。しかし「コンテンツ(企業からの依頼なら製品やサービスの紹介)を伝えるのに最適なデザイン」を追求したとき、デザインが「無難」とか「普通」に落ち着いてしまうということは多い。クライアントのコンテンツが、少し魅力に欠ける場合なんて特に。

分かりやすく伝えるのがデザインの仕事だから、どんなコンテンツに対しても「超おしゃれでみんなが憧れちゃうようなもの」すればいいってわけじゃない。

ただ「無難」とか「普通」が正解でも、コンテンツかデザインに変わったことを常に入れていきたいと思う。10〜20%ぐらいはデザインかコンテンツに毒を。

ありふれたものよりは少し変わったものが好き。
テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス - タグ :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。